専門学校で資格を


社会福祉士と介護福祉士は福祉分野の国家資格として知られています。いずれの資格も福祉分野においては重要な資格ですが、仕事の内容が異なっています。社会福祉士の場合には福祉活動の現場において、支援が必要な方の相談に乗っていくことが仕事の主なものになります。どのようなサービスを利用できるのかについての情報を利用者に与えてくことを行っていきます。利用者が安心して幸福度の高い日常を送れるようにアドバイスをすることを担当します。

勉強介護福祉士は介護施設や訪問看護の場所で直接介護の必要な方に対して介護サービスを行って行くのが主な仕事になります。お風呂に入ったり、食事をするなどの日常的なサービスのサポートが主な仕事になりますので、かなり体力がいる仕事になります。社会福祉士の場合には独学で資格を取得することは不可能です。専門学校などに通って一定の課程を取得する必要があります。合格率は25%前後となっています。介護福祉士の方が独学で受験をして資格を取ることが可能になります。

合格率も70%以上となっています。どちらかを採るという方法も考えられますが、実際には福祉の現場で活躍をしたいと考えるのであれば、両方の資格を取得してみてもいいでしょう。専門的な知識の元に介護サービスを実際に提供できるというスタイルが介護の現場で活躍するためには大きな武器になるはずです。介護者の立場に立ったサービスが提供できるようになれると、専門学校には期待できます。